便利なロケーションだと

売却を考えているマンションのロケーションが、交通の便がよかったりして便利なロケーションにあれば、査定額も当然ですが高くなります。
購入した時にはそれほど便利な場所ではなかった建物でも、生活する中で周囲の利便性がグンと良くなれば、売却する時の査定額が驚くほどに高くなるということも、もちろんあります。

どんな利便性が査定額にプラスに影響するのでしょうか。
まず、電車の駅まで徒歩圏内かどうか、市街地までどのぐらいの距離なのか、バスが必要な場合にはバス停までの距離は、バスでどのぐらいかかって駅や市街地まで行けるのかなど、交通の便がどのぐらい便利なのかはマンション査定にも大きく影響しているようです。

ただし、例外的にそれほど交通の便が良いというわけではないのに、なぜか高評価されやすい物件もあります。
それが、その土地のネームバリューです。

成城学園や田園調布などは、実際にそこへ足を運んだことがない人でも名前を聞いただけでウットリしてしまうような「高級住宅街」というイメージが強い場所。
そのため、他のエリアなら価格に影響しそうな不便そうな場所でも、土地が持つブランド力によって査定額が高くなることはあります。

また、現在は開発が進んでいないためにそれほど価値は高くないけれど、大規模な都市開発が計画されている場所などは、現在は交通の便が良くなくても査定額がアップすることはあるようです。
投資目的などでマンションを購入する投資家の中には、こうした将来の市場価値アップを見越して、開発がされる前の物件を購入しておくという人もいるようですね。

現在既に便利さを満喫できるロケーションだけでなく、将来便利になりそうな場所でも査定額がアップするようです。

ターミナル駅の近くにあるマンションなら生活が快適になる

駅に近いマンションは、生活が便利だといわれます。

たしかに駅に近いとどこに行くにも便利なので、不便だと感じることは少なくなります。

しかし駅に近いからといって、必ずしも便利だとはかぎりません。

マンションから近い駅によっては、それほど便利だと感じられないこともあります。

たとえば各駅停車しか停まらない駅だと、お出掛けのときには乗り換えが必要になります。

特に通勤や遠出をするときなどには、不便を感じるでしょう。

本当に便利だと感じられる駅とは、マンションがあるその街でターミナル駅となっていなければいけません。

ターミナル駅なら急行列車や特急列車も停まりますから、お出掛けをするときに不便だと感じなくなります。

また、乗り入れている路線が複数あれば、どこに行くのにも便利で快適になるでしょう。

マンションを駅の近くで探すときには、本当に便利な駅なのか考えてください。

便利な駅の近くにあるマンションだと、生活がグッと楽になります。

あなたの旦那さんは最近怪しい動きはありませんか?
テレビでお馴染の原一探偵事務所は浮気や不倫の問題や相談に関してはベテランなのです。ここに相談してみてはいかがでしょうか?
浮気相談・不倫相談所【ひとりで悩まず探偵に相談】
浮気相談