便利なロケーションだと

売却を考えているマンションのロケーションが、交通の便がよかったりして便利なロケーションにあれば、査定額も当然ですが高くなります。
購入した時にはそれほど便利な場所ではなかった建物でも、生活する中で周囲の利便性がグンと良くなれば、売却する時の査定額が驚くほどに高くなるということも、もちろんあります。

どんな利便性が査定額にプラスに影響するのでしょうか。
まず、電車の駅まで徒歩圏内かどうか、市街地までどのぐらいの距離なのか、バスが必要な場合にはバス停までの距離は、バスでどのぐらいかかって駅や市街地まで行けるのかなど、交通の便がどのぐらい便利なのかはマンション査定にも大きく影響しているようです。
勉強
マンション売却 | すぐに売却相場を知ってマンションを高く売るには
http://xn--jp-8h4argvb2dc8771ey6iizbw43n.com

ただし、例外的にそれほど交通の便が良いというわけではないのに、なぜか高評価されやすい物件もあります。
それが、その土地のネームバリューです。

成城学園や田園調布などは、実際にそこへ足を運んだことがない人でも名前を聞いただけでウットリしてしまうような「高級住宅街」というイメージが強い場所。
そのため、他のエリアなら価格に影響しそうな不便そうな場所でも、土地が持つブランド力によって査定額が高くなることはあります。

また、現在は開発が進んでいないためにそれほど価値は高くないけれど、大規模な都市開発が計画されている場所などは、現在は交通の便が良くなくても査定額がアップすることはあるようです。
投資目的などでマンションを購入する投資家の中には、こうした将来の市場価値アップを見越して、開発がされる前の物件を購入しておくという人もいるようですね。

現在既に便利さを満喫できるロケーションだけでなく、将来便利になりそうな場所でも査定額がアップするようです。

ターミナル駅の近くにあるマンションなら生活が快適になる

駅に近いマンションは、生活が便利だといわれます。

たしかに駅に近いとどこに行くにも便利なので、不便だと感じることは少なくなります。

しかし駅に近いからといって、必ずしも便利だとはかぎりません。

マンションから近い駅によっては、それほど便利だと感じられないこともあります。

たとえば各駅停車しか停まらない駅だと、お出掛けのときには乗り換えが必要になります。

特に通勤や遠出をするときなどには、不便を感じるでしょう。

本当に便利だと感じられる駅とは、マンションがあるその街でターミナル駅となっていなければいけません。

ターミナル駅なら急行列車や特急列車も停まりますから、お出掛けをするときに不便だと感じなくなります。

また、乗り入れている路線が複数あれば、どこに行くのにも便利で快適になるでしょう。

マンションを駅の近くで探すときには、本当に便利な駅なのか考えてください。

便利な駅の近くにあるマンションだと、生活がグッと楽になります。

アパート暮らしでの音への気遣い

アパート暮らしでの音への気遣い
今まで1戸建ての家にしか住んだことのなかった私ですが、家の建て直しをする為の仮住まいとして生まれて初めてアパートに住む事になりました。
今から家を建てるという事もあり、無駄なお金は極力使いたくなく、家賃の安い木造の2階に住む事に決め引っ越ししました。
この選択が失敗でした。
 普段1軒やで、音といえば家族の生活音だけなのでそんなに気にもならないし、イライラする事もなかったのです。
それが木造のアパートの2階という事で普通に歩いていても下の階の部屋の方には響くらしく、引っ越しの2日目で早速苦情が来ました。
私の借りた部屋は他の音が気になる事は全くなかったのですが、苦情を言われて以来、どんなふうに音が伝わっているのかも分らずただただ音を出すのが怖かったです。
子供もいたので子供の出す音には特に敏感になり、ストレスのたまる生活をしていました。
 それがとても辛く、ハウスメーカーの方に家を完成する日を急いでもらい、予定より早くアパートを出たほどです。
 アパートに住むより戸建の1軒やに住むありがたみがもの凄く感じる事ができ、数か月間のアパート暮らしの経験は今となっては良い体験をしたと思っています。

私の住んでいるマンションについて

私の住んでいるマンションについて
私の家は14階建てのマンションで10年ほど前に建てられました。
自分は2階に住んでおり、2階には小さな公園が設置されています。
普段自分では利用しませんが、来客などが訪れた時そこのベンチに腰をかけておしゃべりします。
また下にも小さなバルコニーのスペースがありベンチもあるのでそこでくつろぐことが出来ます。
春になると桜が満開になりプチお花見というのも可能です。
毎日清掃の方が掃除をしてくれるので、マンション内はとても綺麗になっています。
最近では防水対策などで壁や床などを全面に張り替えて更に見栄えが良くなりました。
少し不満があるとすれば、このマンションでは犬や猫などのペットを飼うことが出来ないことです。
しかし、駅から徒歩10分以内で近くには商店街、コンビニ、スーパーなど様々な店が並んでいるので生活面ではとても満足しています。
今でも入居希望者が殺到しており、人気のマンションだということがわかりこの家を大切にしていこうと思いました。

特にタワーマンションなどの場合

最近、投資目的に不動産を持つ人が増えています。
完売のタワーマンションであっても、入居者が埋まっていないのは、投資目的に不動産を購入する人がいるからです。

では、投資目的で不動産を購入する人は、この不動産からどのようにして利益を得ているのでしょうか。
まずは、賃料収入というのが考えられます。

自分ではその不動産に住むことはなく、もっぱら他人にその不動産を貸すことにしています。
そしてその賃料を収入としているのです。

不動産投資においては、その不動産にどれだけの価値があるかというのが、非常に重要となります。
特にタワーマンションなどの場合、立地条件に加えてマンションの建物の価値も重要となります。

賃料目的で不動産収入をする場合、借り手のニーズに反映したマンションを購入しなければなりません。
もう一つは、転売目的です。

あらかじめその不動産の価値が上がりそうであれば、これもかなり有効ですが、あまり短期で売買をしてしまうと、税金が高くなります。

新築マンション購入

結婚した当初、住んでた家は築40年ほどの団地。
5階建ての5階に住んでいて、エレベーターはもちろんなし。

窓も少しの風でガタガタと音はするし、玄関を開けるとすぐそこが脱衣所といわれる場所。
冬は隙間風も入り、ものすごく寒かった。

妊娠中の階段の上り下りも運動と思えばいいのだろうが、8ヶ月になった頃には運動と言ってられないぐらい辛かった。
出産後、やはりエレベーターがあるような所に住みたいと、賃貸マンションに引っ越した。

しかし、家賃、共益費、駐車場代、2年に一度の更新料。
かなり費用がかかった。

ある日、その賃貸マンションの近くに新築マンションが建設されると知った。
すぐに資料請求。

そしてすぐにモデルルームへ見学に。
子どもの頃から住んでる土地なので、マンション周辺のこともよく理解していた。

朝・夜のマンション周辺状況、車の往来、小学校までの道のり、時間等々。
見学に行って、その場で購入手続きをした。

それから引っ越すまでの10ヵ月はあっという間。
様々な手続きに正直疲れたが、引っ越しを終えた瞬間の喜びは今も忘れられない。