特にタワーマンションなどの場合

最近、投資目的に不動産を持つ人が増えています。
完売のタワーマンションであっても、入居者が埋まっていないのは、投資目的に不動産を購入する人がいるからです。

では、投資目的で不動産を購入する人は、この不動産からどのようにして利益を得ているのでしょうか。
まずは、賃料収入というのが考えられます。

自分ではその不動産に住むことはなく、もっぱら他人にその不動産を貸すことにしています。
そしてその賃料を収入としているのです。

不動産投資においては、その不動産にどれだけの価値があるかというのが、非常に重要となります。
特にタワーマンションなどの場合、立地条件に加えてマンションの建物の価値も重要となります。

賃料目的で不動産収入をする場合、借り手のニーズに反映したマンションを購入しなければなりません。
もう一つは、転売目的です。

あらかじめその不動産の価値が上がりそうであれば、これもかなり有効ですが、あまり短期で売買をしてしまうと、税金が高くなります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ